Topics トピックス

夏休み!私の願いは…

2021年07月20日

HPをご覧いただきありがとうございます!!


 


今日から本格的に夏休みが始まったところが多いのではないでしょうか!


小学生の子供たちが、キンキンに冷えたお茶を水筒につめて、


遊びに行く子供をよく見かけます。


 


逆に、中学3年生の生徒にとっては、試練の夏が始まります!


この夏休みにどれだけ勉強したかで、11月、12月の実力テストや


五ツ木模試で、点数が決まってしまう可能性が高いです。


英語数学など、点数の上昇が出にくい科目なんかは特にです。


毎日の積み重ね、が、実力になってくるのです。


まだ大丈夫だろ…、と考えてる人は、その大丈夫という根拠が


どこから来るのか考えてみてください。


もし、次のように考えている人がいれば、要注意です!


 


周りで勉強している子が少ないから大丈夫


定期テストで満足いく点数を取っているから大丈夫


1・2年で習ったことはすぐに思い出せるから大丈夫


 


①と考えている人に聞きます。


周りの人が勉強を始めていない根拠があるのですか?


周りにいる知り合いだけが高校受験をするのですか?


あなたの知らない人が勉強を始めていないと思っているのですか?


 


②と考えている人に聞きます。


定期テストの点で高校が合格するのですか?


それなら、なぜ実力テストや入試があるのですか?


実力テストで、定期テスト以上の点が取れていますか?


 


③と考えている人に聞きます。


すぐ思い出せるのなら、全てのテストはいつも90点以上確実ですよね?


思い出したのと、実力がついたかは、同じことですか?


 


やらない、始めない、理由を考えないでください。


それをして、後悔だけが残った、という人を何人も知っています。


俺は/私は後悔をしたいんだ!!!


なんて、奇特な人がいれば別ですが…(笑)


 


 


そして、ここでの頑張りは、高校入試だけじゃなく、


大学入試、就職、仕事、など、あらゆる事に関係していきます。


 


今から、とっても厳しいことを言いますね(笑


「たかが、高校入試で頑張れもしない人が、これから何を頑張れるのですか?」


学生がやっている勉強というのは、全て道筋が示されていて、


答えまで用意されているものなんです。


 


難易度的に言えば、人生の問題レベル3くらい??


「それじゃ、何で勉強をするんだ?」


「2次関数とか、関係代名詞なんて、将来いらんやん?」


 


僕の考えはこうです。


学生のする勉強とは、将来何か問題が出たときに、


 答えのない問題を解答しようと悪戦苦闘し、


 戦い続ける体力をつけるためのトレーニング


社会に出て、三角関数や、現在完了進行形、「ぬ」の識別、なんて、


全くいりません。(研究職や専門家はわかりませんが)


 


それでもするのは、スポーツで例えると…


ピッチャーが9回を一人で完投するスタミナをつけるために


ランニングや走り込みをするようなモノ


フルマラソン完走を目標とする人が、毎日3kmのランニングをして


徐々に持久力をつけていくようなモノ


 


いきなり、実践で結果を出す、なんてできるわけがありません。


少しづつ、実力と一緒に達成感を得て、つづけて、


そして本番に向かう。


 


このようなものではないでしょうか。異論反論は受け付けます(笑)


ですので、どうか先の目標に向かって、歩みを止めることの無い様に


それが、ぼくのこの夏皆さんに願うことです。