新年度ラシク通い放題コース開講学年拡大
新年度ラシク通い放題コース開講学年拡大

Courseコース紹介

ラシク

コース説明
個別指導塾ラシク(rasic)海老江校は今までと全く違う新しいスタイルの学習塾です。目指すところは「自立」。それぞれの生徒に自分自身の力で人生を生き抜いて欲しい。そんな大きな願いを抱いています。そのために、まずは定期テスト、そして最終的には受験という大きな目標に向けての学習指導を通じて、最終的に「自立学習」ができるように精一杯サポートさせて頂きます。AIを最大限に活用した理解度チェックと進捗管理。授業報告メールによる保護者様との情報共有。登下校メールシステムによる徹底した安全管理。そしてカフェのようなおしゃれで快適な学習空間。いままでの塾のイメージを一新させた画期的なラシクにどうぞご期待下さい。

Principal 校舎長ご挨拶

メモリング

海老江校

校舎長  小野 伸二

ラシクは「揺るぎない基礎学力の定着」を目指します。「自分で考えることなく、教わった通りの解き方に当てはめる訓練を繰り返す」ことで身についた学力は、今後の社会では全く通用しなくなるからです。Slow and steady wins the race.(急がば回れ)です。自分のレベルにピッタリ合った良問をたくさんこなし、応用の効く学力を上げていきましょう。そのためには最適なシステムですよ。今までとは全く違う授業には「わくわく」がついてきます。記念すべきラシク第一期生になって、ぜひ一緒に「わくわく」しましょう。

Topicsトピックス

ブランド 2019月10年18日

「埋めた」と「書けた」と「できた」の違い

早い中学校では、そろそろテストが返却され始めました。
テスト直後によく聞くのが
①「結構できたで!!」
②「書くだけ書けたで!!」
③「とりあえず全部埋めたで!!」
という言葉です。

①については、感覚的には「できた」自信があるのだと思います。
もちろん、結果はそうでもなかった、ということもありますが、自信が持てることも大切です。
②については、自信はあまりないけど、わからないところはなかったという状況が多いです。
意外と①のお子様よりも、②のお子様の方が点数がよかったりすることもあります。
控えめな性格のお子様は、①より②のほうが多い印象です。

そして、③を発言するお子様が意外と多いんです。
テストは埋めれば勝ちではありません。
もちろん、わからないところはとりあえずなにか埋めてくるようにと指導はします。
(余談ですが、選択問題すら白紙のお子様が多数いらっしゃるんです。。。)
が、 「埋めた」という表現がでる=わからないところがあった という認識です。
全員が全問解けるとは思っておりません。
それでも、「埋めた」ではなく「書けた」「半分はできた」という表現をするお子様が増えるように指導を行っていきたいと感じています。

一人ひとり、全員が、いずれかの教科で
「〇〇はできた!!」と自信を持って言えるように
日々の指導を丁寧に行っていこうと改めて考えさせられた1週間でした。

そんな丁寧な指導のラシクで、期末テストに向けて頑張っていきませんか?
お得なキャンペーン実施中です!
詳しくはコチラ:11月授業料無料キャンペーン
お問い合わせは
0120-749-049(受付時間:平日11001900)まで★
ラシク各校のホームページからも資料請求ができますので、ぜひご覧ください。

もっとみる

ブランド 2019月10年11日

中間テスト期間真っ最中

今月は、学校の中間テスト期間です。
複数の学校から生徒が通っているラシクの教室では、ちょうどテストが終わってホッとしている生徒と、テスト直前の勉強を必死にしている生徒が同じ時刻に学習していることがあります。

ラシクでは、生徒一人一人の状況に合わせてカリキュラムを組んでいます。
テスト前の生徒に対しては、予定よりもカリキュラムが進んでいれば練習問題を追加したり、予定より進んでいなければ練習問題を絞ったりするなど、テストまでの時間を考えて修正をかけることもしています。
テストが終わった生徒に対しては、新たに次のテストに向けたカリキュラムを組みます。
同じ中学校の生徒でも、重点の置き方を生徒に合わせて変えることもしています。
生徒一人ひとりの「学習時間」も「正答率」も「苦手単元」も、すべて「見える化」できるのがラシクです

生徒にとって最適な学習へと導き、励まし、目標達成に寄り添っていきます。


ラシクでは、2学期中間テストで合計点が下がってしまったお子様を対象に「11月授業料無料キャンペーン」を実施中です。ぜひお問い合わせください!

詳細はこちら:★11月授業料無料キャンペーン★
お問い合わせは
0120-749-049(受付時間:平日11001900)まで♪
ラシク各校のホームページからも資料請求ができますので、ぜひご覧ください。

もっとみる

ブランド 2019月10年04日

折れそうな気持ちを持ちなおそう

「先生、うち泉北高校に行けると思う?」
と泣きそうな目で聞く中学3年生の女の子。

この時期になると中学3年生はたくさんテストを受けます。
学校の実力テスト・塾内模試・五木の模試、2週間おきにテストを受けては結果を返され一喜一憂をします。
判定が思いもよらず良かったとテンションを上げれば、違うテストでは判定が悪くて落ち込みます。

いったいどの結果を信用すればよいのやら?
不安になる生徒は、我々にストレートに聞くのです。
「先生、うち〇〇高校に行けると思う?」

我々の答えは? 次のどれでしょう?
A
「大丈夫だよ。あなたなら」
B
「志望校変えたほうがいいかもな」
C
「今のままだと難しいから、〇〇の単元を中心に勉強しよう」
D
「まだ、なんともいえないなぁ」

正解は……その子によります。
学校の定期テストのように範囲がないのが模試や実力テストです。
テストによってその子の得意範囲が多く出題されたり、苦手が多く出題されたりします。
特に国理社はテストのたびに偏差値が動きます。
なので、結果の要因になっている教科を一緒に確認し、
つぎに得点率の低い単元を確認し、克服のための行動を示し、
本人がその話より希望が持てたら「大丈夫」と答えます。

この時期大事なことは納得のできる希望を持たせてやることだと思います。
ラシクは個別指導だからこそ、ラシクはお子様の苦手の見える化に長けているからこそ、適切な学習アドバイスができる自負があります。

学習でお悩みの方はぜひ1度ご相談ください。
お問い合わせは0120-749-049(受付時間:平日11001900)まで♪
ラシク各校のホームページからも資料請求ができますので、ぜひご覧ください。

もっとみる

一覧を見る

School 校舎詳細

校 舎 名

海老江校

開講コース
対   象

小学 / 中学 / 高校

電 話 番 号

0120-749-049

最 寄 駅

JR東西線【海老江】 大阪市営地下鉄千日前線【野田阪神】
ラシク海老江校は大阪市福島区にある教室です。阪神線「野田駅」及び地下鉄千日前線「野田阪神駅」からは、ショッピングモール「ウイステ(WISTE)」を右手に見ながらまっすぐ北へ約550メートルお進み下さい。上に歩道橋がある海老江の交差点に出ます。ラシク海老江校はその北東角の建物の1階です。徒歩約7分です。また、JR東西線「海老江」駅からお越しの方は、北東方向に向かって路地を抜けて頂くと、阪神野田駅から北上する広めの道路に出ますので、左折して海老江の交差点までお進み下さい。距離は約500メートル、徒歩6分程です。なお、鷺巣方面からお越しの場合は、鷺巣3の交差点の次が海老江の交差点になります。海老江東小学校の隣です。

住   所

〒553-0001
大阪府大阪府大阪市福島区海老江1-6-13 プラム海老江1F

Google Street View

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせイメージ画像
お問い合わせイメージ画像

講師募集