Topics List トピックス一覧

住之江公園校 2022年07月01日

暑い夏、熱い夏

本当に毎日暑いですね。少し外にいるだけで、体がほてって気分が悪くなりそうな暑さ。情けないとは思いつつも、ついついエアコンの効いた部屋に逃げ込んでしまいます。さて、もうすぐ夏休みです。


夏が受験の天王山。言い古された、聞き飽きたセリフではありますが、真実はひと~つ!(笑) 受験生にとって夏の越え方が勝負を分けるという事実は否めません。


勉強でもスポーツでも、身につけるには反復練習が必要です。そしてその練習は往々にしてつまらなくてしんどくて退屈なものです。でも、強くなりたい、うまくなりたい、賢くなりたい、そんな思いが人を動かすのです。


受験生、いや受験生だけでなく学業に励む全生徒のみなさん、私たち講師と一緒に、この暑い夏を、心を燃やす熱い夏にしませんか?


 

もっとみる

住之江公園校 2022年06月25日

また夏が来る

今週来週は中学校の期末テスト期間、それが明けると次は高校生。テスト対策に向かいながらも、私たちは着々と夏期講習会の準備を始めています。すでに一昨日からクラス指導の時間割を配布し始めました。


6月5日(日)に実施した各種の外部テストが、いま続々と返却されて来ているところです。基礎学力から受験即戦力まで、求められるものは学年によって違いますが、成績は常に上がり続けて欲しいものです。ただ、頑張った成果がしっかり成果に結びついている方も多いかたわら、残念ながら力を発揮できずに数値が下がってしまった方もいらっしゃいます。


偏差値は「全体の中での自分の位置を数値化したもの」です。ですから上がるには「誰かを越す」必要がありますし、下がった場合「誰かに越された」ということになります。勉強し続けている以上、「学力」が下がることはありませんが、周囲との比較で「成績」は下がってしまうことがあります。


そんな時はどうするか。どうもこうもありません。成績を上げたければ、正しい勉強法をきちんと続けていくしかないのです。学問に王道なし。受験生が秋からの実力テストで成果を出そうと思えば、頑張るべきなのはこの夏です。クラブとの両立が大変なのは十分に理解しながらも、受験生達には悔いのないよう勉強に励んで頂きたいと思います。

もっとみる

住之江公園校 2022年06月09日

コミュニケーション革命、、、いや変異?

「はい、5分休憩します。トイレに行くなりしゃべるなり勉強するなり、好きにしてくれていいよ。」


6/5(日)に行った学力診断テストの休憩時間の話。驚いたことに全員がカバンからスマホを取り出すと、黙々と画面に向かい始めたのです。もちろん普段からお互いに会話もないような生徒達ではありません。


ご家庭からの「何時に終わるの?」とか「雨降りそうだから迎えに行こか」などという連絡もあるでしょう。もしかしたら翌日のクラブの予定などをチェックしたいのかもしれません。ですが、周りにいる友人たちとのコミュニケーションよりも、ネットで繋がっている他者とのコミュニケーションが優先されることがいつの間にか日常になっており、それに誰も違和感を感じていないように見えるのです。


賛否を語るつもりもありませんし、教育上の効果云々を話しても仕方ありませんが、昭和生まれの私にはなかなかの衝撃でした。「リアル」と「バーチャル」の優先順位はもう逆転してしまったのですね。


時代に合わせるというほど大げさなものではなくても、生徒たちの「常識」を踏まえた上で接し、指導していく必要性を改めて感じました。

もっとみる

住之江公園校 2022年05月19日

テストはイヤなもの?

「テストイヤやぁ」


そんな声、もう何度聞いたことでしょうか。そう、ほとんどの生徒はテストが嫌いです。でもそれは本当に「テスト」そのものがイヤなのでしょうか?


「テスト」は試験であり、検査であり、測定であり、勝負です。本人の力を調べたり、あるいは他の人と比べてみたりする行為です。体力や運動能力で言うなら、運動会やスポーツテスト、あるいはクラブの試合などと同じ位置づけになります。


私は運動会は嫌いでした。もちろんスポーツテストもです。運動が得意ではなかったからです。足も遅く、ボールの扱いも下手で、体力もありません。運動会で楽しかったのはお昼ご飯の時間だけでした。同様に、歌うのが得意でない子は合唱大会が憂鬱でしょうし、友達とのコミュニケーションが得意ではない子は修学旅行に行きたくないかもしれません。つまり自分の苦手分野において能力を試される行為は誰しも好きではないということです。


でも得意分野に関しては逆に勝負したくなるのが普通でしょう。クラブでレギュラーを目指し一生懸命練習したり、演奏会でソロのパートを任されて喜んだりする人はいくらでもいます。


人は生きていく中で様々な能力を伸ばしていきます。学生の頃にできなかったことでも、社会人になってから否応なくすることになり、結果的にできるようになったという経験は、私にもたくさんあります。どこまでいっても「学び」と「成長」は求められます。だから逃げずに立ち向かい「より早いタイミングで能力を伸ばす」方が結果的に幸せに近づけると思うのです。


現在、中学校も高校も中間テスト期間真っ最中です。先週の土曜日も生徒たちは教室で熱心に勉強していました。みんなの努力が実を結び、テストが好きになれる日が来るように応援しています。

もっとみる

住之江公園校 2022年05月07日

連休とテストの狭間

ある小学生に「連休どこか行った?」と聞いたところ「イチゴ狩りに行った。イチゴ31個食べた!」と嬉しそうに答えてくれました。みなさんは休みを満喫できたでしょうか。私も久しぶりに実家に帰り羽を伸ばしてきました。


さて、休んだ後の気持ちの切り替えは本当に大事です。ほとんどの中学校や高校では、あと2、3週間で中間テストがやってきます。今日のLCCタイム(中学生クラス指導の生徒たちが、各自で課題に取り組む時間)でも、すでにテスト範囲を持ってきてくれた生徒もいました。みんなバシッと勉強モードに入れている様子で、少し安心です。


「備えあれば憂いなし」。しっかり備えて、正面から正々堂々とテストに立ち向かいましょう!


 

もっとみる

住之江公園校 2022年04月16日

ヤル気

 ヤル気ってなんでしょう? どうやったらヤル気スイッチが入るのでしょう。 あと一月もすれば中間テスト。でもその前にゴールデンウィーク。勉強をしないといけないのはわかっているけど、遊びたい。昔からずっと、子供たちの葛藤ですよね。


さて、私が常々生徒たちに求めているのは、「決められたことをきちんとする習慣をつける」ということ。ヤル気なんてその時その時で変化するものだし、もちろん体調だっていい時もあれば悪い時もある。でも、例えば塾の授業を受けるにしても、「今日はちょっと部活で疲れたから、休もうかな」などと思い始めると、ズルズルと欠席が増えてしまいます。宿題や小テストも同様で、「今回はあれこれ忙しくて時間が取れなかったから宿題が半分しかできていない」とか、「あんまり勉強できなかったから小テストが不合格だった」とか、言い訳する癖をつけると、学力は順調に伸びていきません。


ヤル気のあるなし、体調の良しあし(極端にひどい場合は除きますが)に関わらず、やるべきことをきちんとする。 この習慣が学力アップに、ひいては本当の意味での「ヤル気、向上心、夢」につながっていくのではないでしょうか。


 

もっとみる

住之江公園校 2022年04月05日

春ですね

桜の季節です。普通に通勤しているだけでも、あちこちに見えるピンク色に心が浮き立つ感じがします。


昼間もずいぶん暖かくなってきました。


春ですね。


 


さて、春期講習会も明日で終了。木曜日からは平常授業が再開します。


バタバタしているうちにGW。中間テストを越えるとすぐに期末テスト。そうこうしているうちに夏期講習、、、。


きっとまた今年もあっという間に過ぎていくんだろうなぁ、などと考えながら、すでに次の入試に思いを馳せていました。


 


 


入学式が来て、始業式が来て、生徒たちの気持ちも一新します。


私たちも新しい気持ちで、また1年走りたいと思います。一緒に頑張りましょう!

もっとみる

住之江公園校 2022年03月17日

公立高校合格発表

今日は公立高校一般入試の合格発表でした。


 「小野先生、受かってましたぁ!! 自分でもビックリです!!」


電話の向こうの興奮した声には、日ごろの疲れも吹き飛びます。


 残念なことに不合格者も出してしまいましたが、精一杯やった末での結果なので、素直に健闘を称えたいと思います。みんな本当によく頑張りました。


 努力の見返りは「成果」ではなく「成長」だと聞いたことがあります。今回の合否に関わらず、3年後には必ず次のステップがやってきます。受験生としてのこの1年間を成長に変えて、みんなが新たな一歩を踏み出してくれることを心から願っております。

もっとみる

住之江公園校 2022年03月02日

新年度スタート

公立高校特別入試は全員合格でした!!!


本当にうれしい。この日のために塾講師を続けているといってもいいくらいの喜びです。


で、いよいよ一週間後には公立高校一般入試。生徒たちの奮闘を、ドキドキしながらも精一杯応援したいと思います。


などと、現中3生の受験に思いを馳せながらも、他学年は学校より1ヶ月早く進級。3月1日より新学年の授業がスタートしております。まっさらなテキストを配布し、名前を書かせて、諸注意を語り、気持ちを切り替えて、また新たな一年の出発です。


子供たちの笑顔を見るためにも、私たちはまだまだガンバリますよ!!

もっとみる

住之江公園校 2022年02月22日

入試結果

私立高校は全員合格でした。 


冒険とか挑戦とかの要素が比較的薄い私立受験だとはいえ、やはり「合格」の2文字は生徒の大きな自信になります。受験というシステムで自分の学力に可否をつけられるのは非常に苦しい経験ですが、その経験が今後の人生の大きな糧になるのも間違いありません。公立の小中と過ごしてきた生徒ならば、生まれて初めての「自分の学力だけを頼りにした」勝負なのですから、感慨は深いでしょう。また、私立専願者ならば、これでいったん受験生の立場から抜け出せるという喜びは計り知れないほど大きいと思います。 


でも、ホッとする気持ちを引き締めて次に向かうのも大事です。お祭り気分に流されず、公立入試、あるいは大学入試等の次のステップを見据えて、きちんと自分の心をコントロールしていきましょう。 


私たち講師も精いっぱい応援しますから。

もっとみる

住之江公園校 2022年02月10日

私立高校入試

今日2月10日(木)は大阪府の私立高校入試日です。例年、専願にせよ併願にせよ私立高校を受験しない生徒はいません。だから今日は中3生全員の入試日です。幸いなことに新型コロナ感染の受験生もおらず、今頃はみんな真剣にテストに向かい合っていることでしょう。


どれだけやきもきしても祈ることしかできないのが私たち講師ですが、次の授業時には「よく頑張ってきたね」と精一杯のねぎらいの言葉を用意しておこうと思います。


がんばれ、みんな!

もっとみる

住之江公園校 2022年01月26日

祝合格

前回ここで触れさせて頂いた中学受験生は無事に進路が決まりました。ホントによかった。ホッと一息です。とはいえ、ここから1ヶ月半はまだまだ受験が続きます。私立高校入試、公立特別入試、公立一般入試。そしてその合間に中1・中2や高校生の学年末テストがやってきます。みんなが笑顔で新しい年度を迎えられるよう、講師一同精一杯バックアップしたいと思っています。


 

もっとみる

住之江公園校 2022年01月15日

受験シーズン到来

新しい年になり、冬期講習会が終わり、平常授業が再開し、そして今日はいよいよ1人目の受験生(小6生)が入試を受けに行っています。私立高校入試ももうすぐ、その後公立特別入試、公立一般入試と矢継ぎ早に入試がやってきます。生徒たちはもちろん、私たち講師にとっても緊張の連続。いままでやってきたこととの成果がきちんと出せるように、生徒たちの幸運を祈りながら見守っていきたいと思います。

もっとみる

住之江公園校 2022年01月01日

本年もどうぞよろしくお願いします

あけましておめでとうございます


2022年は、明るい年になることをねがって、大喜利を考えておりました。


トラはチカラの象徴であるとともに、愛情あふれた動物であるそうです。
「虎の子の…」という言葉は、虎が我が子をとても大切にすることから生まれたそうです。


 


虎にあやかって、力強く、温かい人間になれるようにと思います。 


本年もどうぞ宜しくお願い致します 


 


             イング住之江公園校 校舎長 小野 伸二

もっとみる

住之江公園校 2021年12月27日

2021年 イング住之江公園校より感謝を込めて

2021年 イング住之江公園校にご理解ご協力賜り、ありがとうございました。


新北島中学のかたも 住之江中学のかたも  南港南中学のかたも 港南中学のかたも
みんなみんな本当によくがんばりました。


 


書ききれないくらい、たくさんの「すごいね」があった1年でした。


 


さぁ、中学2年生、3年生のみなさんは、いよいよ冬期合格力強化特訓です。
教材OK? 準備万端ですか?  

中学3年生 冬期合格力強化特訓 12/29(水)12/30(木)
中学2年生 冬期合格力強化特訓 12/29(水)12/30(木)


どうぞみなさま よいお年をお迎えください


 


                イング 住之江公園校 校舎長 小野 伸二

もっとみる

住之江公園校 2021年12月22日

さぁ、始まるぞ!

 いよいよ今日から冬期講習会。教科書改訂の影響でどの学年も今年から勉強のハードルがずいぶん上がっています。だからこそ、学校の休み期間にきちんと頭を整理することがより重要ですよね。


新年まであとほんの数日。気持ちよく新しい年を迎えられるように、最後は完全燃焼で終えましょう!

もっとみる

住之江公園校 2021年12月10日

講習会の時間割

毎回のことですが、講習会の前になるといつも時間割組みに苦慮します。


クラス指導であれば、まずは全員が来られる時間帯を考えますので、たとえばクラブ活動のある中1・中2生たちは早めの時間帯には組めません。結果的に全てのクラブが午前中で終わったとしても、一部でも午後からの可能性がある以上、昼から授業を入れるのは難しくなります。もちろん塾によってはクラブを休むことを強要する場合もあるでしょう。でも、イングはクラブとの両立を支援する塾ですので、可能な限り落としどころを探ります。


一方個別指導ですが、こちらは個々の都合に合わせて時間割を組みますので、自由度は遥かに高くなります。講師と生徒との都合さえ合えばいいので、1コマ2コマの話であれば苦労することはありません。ですが問題は「短い期間にたくさんの授業を組む」ところなのです。


本来なら平常で担当している講師が授業をするのがいいのですが、講師は1コマに2人までしか担当できません。同じ時間帯に担当の生徒が3人いれば、誰か1人は他の講師が授業をすることになります。生徒の時間帯を変えれば解決する場合もありますし、科目を変え、組み合わせを変えることでうまくいく場合もありますが、なかなかそう簡単にはいきません。また、他の講師が担当するとしても、毎回コロコロと講師を変えることもはばかられます。生徒だけではなく講師にも負担となるからです。


講師と生徒と教科、そして座席数を全て考慮しながらジグソーパズルを組み上げていく作業は毎回たいへんな苦労ですが、授業の根幹に関わる部分ですのでここをおろそかにする訳にはいきません。


さ、いよいよ冬期講習会が迫ってきました。準備は着々と整っています。あとは、生徒の皆さんにたくさん頭を鍛えてもらうだけです。


みんな、頑張ろう!

もっとみる

住之江公園校 2021年11月26日

踏ん張れ受験生

 中学生達の期末テストが終わります。学校にもよりますが、昨日が最終日のところと、今日が最終日のところ。どちらにせよ、今日で全員が終了。あとは結果を待つばかりです。


とはいえ、中3生は週明けすぐに実力テスト。そして12月に入ると学校での進路懇談。終業式が来る前からイングの「冬期講習会」が始まり、さらに「冬期合格力強化特訓」と休む間もなく予定が入ります。


なかなかのハードスケジュールに挫けやすいタイミングですが、年末年始の喧騒の中で自分を見失なわず、どうか気持ちを引き締めて頑張って欲しいと思います。努力には必ず結果がついてきます。その結果が期待通りのものかどうかは誰にもわかりませんが、勉強して身につけたことは一生の財産になります。受験生として努力した経験は必ず今後の自信につながります。あと3ヶ月。やるかやらないかは自分で選ぶしかありません。


踏ん張れ受験生!

もっとみる

住之江公園校 2021年11月18日

楽しかった中学準備講座

「発電方法ってどんなんがある?」


「静電気!!」


「いや、電気の種類じゃなくって発電方法だってば」


「電線っ、あ、電柱!!」


「笑」


先週土曜日の中学準備講座の1コマです。英語→SDGs→英語と時間を決め、休憩をはさむはずだったのですが、英単語ゲームで盛り上がり、SDGsの話で盛り上がり、結局休み時間も取らないままずーっと笑いっぱなしの80分でした。そう、英語学習って真面目な顔してテキストに向かうだけじゃないんです。特に単語や熟語なんて知ってるか知らないかだけの差。楽しんで覚えられるならそれに越したことはありません。途中からの参加も大歓迎。気になる方は今からでもどうぞ。


さて、来週は中学生の期末テストがあります。だから、今週末はテスト対策。こちらは真剣な顔で勉強してもらいますよ。生徒たちの努力がきちんと成績向上に結び付くよう、私たち講師も本気で頑張ります。

もっとみる

住之江公園校 2021年11月13日

いよいよ今日から

 小学6年生対象の「中学準備講座」、いよいよ今日から始まります。住之江公園校では「遊びながら英単語力を強化しよう!」というコンセプトで授業を行います。


いま子供たちの英語環境は激変しています。しばらく前までならば中1の1学期中間テストで80点、90点、あるいは100点などはそれほど珍しくありませんでした。ところが2020年度の教育改革によるカリキュラム再編により、その状況は一変しました。英語が小学5年生から正式科目になったため、今年改訂された教科書では中1は「英語指導3年目」の扱いになっています。それに伴い、指導内容やテスト問題は急速に難化し、授業についていけない生徒が続出。そして平均点も下落しています。


近くのS中学校を例に出すと、1学期期末テスト(コロナのため中間テストは未実施)の英語の平均点はたった50点。そして、夏休み明けの実力テスト(宿題テスト)ではなんと23点しかなかったのです。


英語学習で一番時間がかかるのが語彙、つまり単語の習得です。かといって無味乾燥な練習をひとりで続けるのは、小中学生にとって簡単なことではありません。ぜひこの機会にイングで楽しく語彙力を強化しましょう! 途中からでも大歓迎。ひとりでも多くの方の参加をお待ちしています。

もっとみる

トップへ戻る