Topics List トピックス一覧

住之江公園校 2022年11月24日

塾の役目

自分の望みを叶える方法は知っていても、それを実行できない人がいます。


自分の望みが分かっていても、それを叶える方法を知らない人もいます。


自分がなにを望んでいるのかが自分でも分からない人もいます。


そもそも望みについて考えたことのない人もいます。


学習塾は「学習をするための場所」ですが、学習の先に何があるのかは人それぞれ違っています。だから私は、まず生徒を知るところから始めます。もちろん保護者の方の望みも知ろうとします。そして、求めているものが何であり、それを得るためにどんな方法があるのかを一緒に考えたいと思っています。とはいえ、人は弱い生き物ですから、ある程度の枷がなければ自分を律することができない時もあります。ま、定期テスト前の中学生もその例外ではありません。


ということで、先週の土曜日に、恒例の「テスト対策補講」を実施しました。今回の対象中学校は、新北島中学校と南港南中学校でした。昼の1時半から、夕方に1時間の食事休憩を挟んで、夜の9時40分まで、80分×5教科の学習時間です。長時間の学習にまだまだ慣れていない中1生、中2生には決して楽ではないでしょうが、みんな集中して取り組んでくれました。友人参加者の4名も一緒に頑張ってくれていましたよ。


また当日は他に、個別指導の体験授業を受けてくれた生徒もいましたので、新しい顔の生徒たちと知り合いになれて、私のテンションも上がりました!


さ、今はテスト期間の真っ最中。生徒たちの頑張りが実を結ぶことを願っています。

もっとみる

住之江公園校 2022年11月21日

中学準備講座♫ 小6生 英語は書く!

「書かなあかんねよなぁー」
そうです。イング中学準備[英語]は「書く」にこだわっています。


 


それは、こんな一言からはじまりました。
「言えるけどなー」
そうなんです。
言えるんです。わかってはいるのです。


「わかる」と「できる」には、歴然と差があります。


たとえば、英検対策も、どういう試験が行われるか、どう対策すればいいのか、「わかりやすく」説明することはもちろんできます。


でも、「できる」ようにするには、トレーニングが必要です。


ダイエットも、水泳も、同じ。
やり方がわかっていても、やらなければできるようにならないものです。
畳の上の水練っていうやつですよね。


イングは、中学準備講座に限らず、「できる」にこだわった指導をしています。
「わかりやすさ」は当然。
「わかりやすく」「楽しく」、そして「できる」


書けるようになるのにも、ちょっとしたコツがあります。
イングで、楽しくできるようにしましょう!


 


おもしろ動画も続々と公開中!
まずは、国語をご覧いただけます。


動画QRは校舎でお渡ししています!

もっとみる

住之江公園校 2022年10月31日

中学準備講座 ♫ 授業風景

「なるほど!なるほど!なるほど!」
「(笑)何回、言うねん(笑)」


 


そんな笑い声に包まれた中学準備講座。
やっているのは、正負の計算。「項」が10個ある計算です。


 


「ラッキー!消えた!」
計算の工夫も、カードを並べ替えるように、頭の中で並べ替えて自由自在。


 


「あー面白かった!」


 


そうです。
本来、勉強とは面白いものです。
わかるから楽しい。楽しいから続けたくなる。


これ以上は、企業秘密ですので明かせません(笑)


魔法のような講座は、イングだけ。
ぜひ、ご相談ください。


 

もっとみる

住之江公園校 2022年10月17日

上達の実感

以前にも書きましたが、私はツーリング好きで、休みになるとオートバイであちこちに走りに行きます。1人の時もあれば、他の人と一緒に走ることもあります。


6年ほど前に、生まれて初めてツーリングクラブというものに所属したのですが、それまでは「上手な走り方」を意識することなどなく、ただ漫然とバイクを走らせていました。ところが、他の人と一緒に乗るようになると、端々で自分の未熟さが感じられるようになったのです。ちょっとした鋭角なコーナー、道を間違えた際のUターンなどなど、他のメンバーが簡単に行う動作が私には思うようにできません。


そんなある日、わたしはあるきっかけで「ライディング講習会」に参加しました。自動車教習所を借りて丸1日、ひたすら低速運転で技術を磨く催しなのですが、そこには「理論」があったのです。自分がなんとなく乗っていたバイクが「どのような理屈で曲がるのか」「どのような理屈で止まるのか」、それを理解した上で訓練をしました。そして、自分の技量がメキメキと上がっていくのを感じました。


昨日もその講習会に行ってきました。1年にたった1日の練習ですが、すでに5回目になります。そして、今の私のライディングは5年前とは全く違っています。ただやみくもに取り組むのではなくて、ちゃんと理解して訓練する。これは教育です。普段なかなか実感が湧きにくいですが、教育って本当にスゴイんだなと思います。そして、こんなきっかけに、私も自分がしている授業の価値を再認識するのです。


今は中間テストのシーズン。生徒たちがテストで「上達を実感」できるように、良質の授業をしていこうと思っています。 

もっとみる

住之江公園校 2022年10月13日

中学準備講座 ★ 考える楽しさ! 

「えー!!借金やー!」
「よしっ!黒来た!!」


算数……もとい、「数学」の勉強風景は、大盛り上がりです。


 


「プラス」「マイナス」の概念の習得からはじまる中学。
この「概念習得」は、とても大切です。


おはじきを置いたり、指で数えて始まった「数」の習得は、「マイナス」になっても同じように、目で見て体感できると習得ははやいです。


どうやって、楽しく習得しているか?
それは、イングの中学準備でお伝えします。


はい。ここでは、ナイショです。


マイナス×マイナス=プラス
を、どうも感覚的に捕まえられず、苦戦する場合があります。
その習得も、イングなら可能です。


早くはじめているから、無理なく習得できます!!


あちらこちらに、その様子を記載していきます。


乞うご期待! 

もっとみる

住之江公園校 2022年10月11日

中学3年生保護者対象 ★ 進路指導セミナー REPORT

オンタイムでご参加くださった保護者のみなさま
アーカイブ配信をご視聴くださった保護者のみなさま
心より御礼申し上げます。ありがとうございます。
少しでも、皆様のお役に立てたのであれば幸いです。


 


「朝ごはんちゃんと食べないとあかんなって、お母さんと話しました」
早速、そんな言葉も受験生ご自身の口から聞こえてきます。
ご家庭での温かな会話が聞こえてくるようです。


 


今回の進路指導セミナーでは、ナーバスになってしまう時期のお子様への接し方「メンタル編」「食事編」をお話いたしました。


成長過程では、脳が本能的に不安を増幅させるそうです。
危機に際して「闘争か?逃走か?」のうち、未成熟な間は「逃走」を選ばなければならないという生存にかかわる本能なんだと、書籍で知りました。
だからこそ、不安でいっぱいの受験生にしっかりと向き合い、言葉を尽くして講師一同お話いたします。
おうちでは労っていただけるように。


そして食事編。
「朝食をとられていますか?」
そのお尋ねには、半分ほどの保護者の方が、食べている、とご回答くださいました。
とらせた方がいいのはわかっているけれど、なかなか食べてくれない。
娘をもつ一人の母親として、河野がお話差し上げたとき、共感してくださった多くの保護者の方。
ぜひ、その部分の動画をお子様にも見せて差し上げてください。
少しでも、朝食をとられることをお勧めします。


志望校の決め方、英検取得の是非、家庭学習の仕方、などなど、事前にお寄せいただきましたご質問にもできるだけお答えしてまいりました。
多くの保護者の方に、予定以上の時間まで残っていただきました。
ありがとうございました。


改めてお子様の第一志望合格に向けて、精一杯指導にあたります。
今後ともよろしくお願いいたします。


 

もっとみる

住之江公園校 2022年09月12日

新学期が始まって

まだまだ暑さが残るとはいえ、秋を感じられる季節になりました。夏休み明けの余韻も落ち着き、そろそろ本格的に勉強に取り組んでいく時期です。


新学期が始まって早々にあった宿題テストの結果を受け、ある生徒と家庭学習について話したところ、予想していた以上に学習時間が少なく、合意の上で学習時間の確保をすることになりました。毎週決まった日時に教室に来て自習をすると約束し、もう数ヶ月実施している生徒もいます。


代わりに勉強してあげるわけにはいきませんが、一人ひとりに寄り添って、学習環境を整える手助けをしていきたいと思います。

もっとみる

住之江公園校 2022年08月31日

8月も終わりますね

朝晩に少し寒さを感じたり、夕方に外が暗くなるのに気づいたり、次第に秋に向っているのが実感される時期ですね。明日からは9月。夏期講習期間も今日で終りです。


今日は夏を締めくくる学力診断テストの日でした。小4~中3までの全校生徒が、学校での授業があったにも関わらず、真剣に受験している姿を見ると、また気合を入れて頑張ろうという意欲が沸いてきます。


さ、明日から平常授業再開。次のステップに向かってまた一歩踏み出しましょう!

もっとみる

住之江公園校 2022年07月01日

暑い夏、熱い夏

本当に毎日暑いですね。少し外にいるだけで、体がほてって気分が悪くなりそうな暑さ。情けないとは思いつつも、ついついエアコンの効いた部屋に逃げ込んでしまいます。さて、もうすぐ夏休みです。


夏が受験の天王山。言い古された、聞き飽きたセリフではありますが、真実はひと~つ!(笑) 受験生にとって夏の越え方が勝負を分けるという事実は否めません。


勉強でもスポーツでも、身につけるには反復練習が必要です。そしてその練習は往々にしてつまらなくてしんどくて退屈なものです。でも、強くなりたい、うまくなりたい、賢くなりたい、そんな思いが人を動かすのです。


受験生、いや受験生だけでなく学業に励む全生徒のみなさん、私たち講師と一緒に、この暑い夏を、心を燃やす熱い夏にしませんか?


 

もっとみる

住之江公園校 2022年06月25日

また夏が来る

今週来週は中学校の期末テスト期間、それが明けると次は高校生。テスト対策に向かいながらも、私たちは着々と夏期講習会の準備を始めています。すでに一昨日からクラス指導の時間割を配布し始めました。


6月5日(日)に実施した各種の外部テストが、いま続々と返却されて来ているところです。基礎学力から受験即戦力まで、求められるものは学年によって違いますが、成績は常に上がり続けて欲しいものです。ただ、頑張った成果がしっかり成果に結びついている方も多いかたわら、残念ながら力を発揮できずに数値が下がってしまった方もいらっしゃいます。


偏差値は「全体の中での自分の位置を数値化したもの」です。ですから上がるには「誰かを越す」必要がありますし、下がった場合「誰かに越された」ということになります。勉強し続けている以上、「学力」が下がることはありませんが、周囲との比較で「成績」は下がってしまうことがあります。


そんな時はどうするか。どうもこうもありません。成績を上げたければ、正しい勉強法をきちんと続けていくしかないのです。学問に王道なし。受験生が秋からの実力テストで成果を出そうと思えば、頑張るべきなのはこの夏です。クラブとの両立が大変なのは十分に理解しながらも、受験生達には悔いのないよう勉強に励んで頂きたいと思います。

もっとみる

住之江公園校 2022年06月09日

コミュニケーション革命、、、いや変異?

「はい、5分休憩します。トイレに行くなりしゃべるなり勉強するなり、好きにしてくれていいよ。」


6/5(日)に行った学力診断テストの休憩時間の話。驚いたことに全員がカバンからスマホを取り出すと、黙々と画面に向かい始めたのです。もちろん普段からお互いに会話もないような生徒達ではありません。


ご家庭からの「何時に終わるの?」とか「雨降りそうだから迎えに行こか」などという連絡もあるでしょう。もしかしたら翌日のクラブの予定などをチェックしたいのかもしれません。ですが、周りにいる友人たちとのコミュニケーションよりも、ネットで繋がっている他者とのコミュニケーションが優先されることがいつの間にか日常になっており、それに誰も違和感を感じていないように見えるのです。


賛否を語るつもりもありませんし、教育上の効果云々を話しても仕方ありませんが、昭和生まれの私にはなかなかの衝撃でした。「リアル」と「バーチャル」の優先順位はもう逆転してしまったのですね。


時代に合わせるというほど大げさなものではなくても、生徒たちの「常識」を踏まえた上で接し、指導していく必要性を改めて感じました。

もっとみる

住之江公園校 2022年05月19日

テストはイヤなもの?

「テストイヤやぁ」


そんな声、もう何度聞いたことでしょうか。そう、ほとんどの生徒はテストが嫌いです。でもそれは本当に「テスト」そのものがイヤなのでしょうか?


「テスト」は試験であり、検査であり、測定であり、勝負です。本人の力を調べたり、あるいは他の人と比べてみたりする行為です。体力や運動能力で言うなら、運動会やスポーツテスト、あるいはクラブの試合などと同じ位置づけになります。


私は運動会は嫌いでした。もちろんスポーツテストもです。運動が得意ではなかったからです。足も遅く、ボールの扱いも下手で、体力もありません。運動会で楽しかったのはお昼ご飯の時間だけでした。同様に、歌うのが得意でない子は合唱大会が憂鬱でしょうし、友達とのコミュニケーションが得意ではない子は修学旅行に行きたくないかもしれません。つまり自分の苦手分野において能力を試される行為は誰しも好きではないということです。


でも得意分野に関しては逆に勝負したくなるのが普通でしょう。クラブでレギュラーを目指し一生懸命練習したり、演奏会でソロのパートを任されて喜んだりする人はいくらでもいます。


人は生きていく中で様々な能力を伸ばしていきます。学生の頃にできなかったことでも、社会人になってから否応なくすることになり、結果的にできるようになったという経験は、私にもたくさんあります。どこまでいっても「学び」と「成長」は求められます。だから逃げずに立ち向かい「より早いタイミングで能力を伸ばす」方が結果的に幸せに近づけると思うのです。


現在、中学校も高校も中間テスト期間真っ最中です。先週の土曜日も生徒たちは教室で熱心に勉強していました。みんなの努力が実を結び、テストが好きになれる日が来るように応援しています。

もっとみる

住之江公園校 2022年05月07日

連休とテストの狭間

ある小学生に「連休どこか行った?」と聞いたところ「イチゴ狩りに行った。イチゴ31個食べた!」と嬉しそうに答えてくれました。みなさんは休みを満喫できたでしょうか。私も久しぶりに実家に帰り羽を伸ばしてきました。


さて、休んだ後の気持ちの切り替えは本当に大事です。ほとんどの中学校や高校では、あと2、3週間で中間テストがやってきます。今日のLCCタイム(中学生クラス指導の生徒たちが、各自で課題に取り組む時間)でも、すでにテスト範囲を持ってきてくれた生徒もいました。みんなバシッと勉強モードに入れている様子で、少し安心です。


「備えあれば憂いなし」。しっかり備えて、正面から正々堂々とテストに立ち向かいましょう!


 

もっとみる

住之江公園校 2022年04月16日

ヤル気

 ヤル気ってなんでしょう? どうやったらヤル気スイッチが入るのでしょう。 あと一月もすれば中間テスト。でもその前にゴールデンウィーク。勉強をしないといけないのはわかっているけど、遊びたい。昔からずっと、子供たちの葛藤ですよね。


さて、私が常々生徒たちに求めているのは、「決められたことをきちんとする習慣をつける」ということ。ヤル気なんてその時その時で変化するものだし、もちろん体調だっていい時もあれば悪い時もある。でも、例えば塾の授業を受けるにしても、「今日はちょっと部活で疲れたから、休もうかな」などと思い始めると、ズルズルと欠席が増えてしまいます。宿題や小テストも同様で、「今回はあれこれ忙しくて時間が取れなかったから宿題が半分しかできていない」とか、「あんまり勉強できなかったから小テストが不合格だった」とか、言い訳する癖をつけると、学力は順調に伸びていきません。


ヤル気のあるなし、体調の良しあし(極端にひどい場合は除きますが)に関わらず、やるべきことをきちんとする。 この習慣が学力アップに、ひいては本当の意味での「ヤル気、向上心、夢」につながっていくのではないでしょうか。


 

もっとみる

住之江公園校 2022年04月05日

春ですね

桜の季節です。普通に通勤しているだけでも、あちこちに見えるピンク色に心が浮き立つ感じがします。


昼間もずいぶん暖かくなってきました。


春ですね。


 


さて、春期講習会も明日で終了。木曜日からは平常授業が再開します。


バタバタしているうちにGW。中間テストを越えるとすぐに期末テスト。そうこうしているうちに夏期講習、、、。


きっとまた今年もあっという間に過ぎていくんだろうなぁ、などと考えながら、すでに次の入試に思いを馳せていました。


 


 


入学式が来て、始業式が来て、生徒たちの気持ちも一新します。


私たちも新しい気持ちで、また1年走りたいと思います。一緒に頑張りましょう!

もっとみる

住之江公園校 2022年03月17日

公立高校合格発表

今日は公立高校一般入試の合格発表でした。


 「小野先生、受かってましたぁ!! 自分でもビックリです!!」


電話の向こうの興奮した声には、日ごろの疲れも吹き飛びます。


 残念なことに不合格者も出してしまいましたが、精一杯やった末での結果なので、素直に健闘を称えたいと思います。みんな本当によく頑張りました。


 努力の見返りは「成果」ではなく「成長」だと聞いたことがあります。今回の合否に関わらず、3年後には必ず次のステップがやってきます。受験生としてのこの1年間を成長に変えて、みんなが新たな一歩を踏み出してくれることを心から願っております。

もっとみる

住之江公園校 2022年03月02日

新年度スタート

公立高校特別入試は全員合格でした!!!


本当にうれしい。この日のために塾講師を続けているといってもいいくらいの喜びです。


で、いよいよ一週間後には公立高校一般入試。生徒たちの奮闘を、ドキドキしながらも精一杯応援したいと思います。


などと、現中3生の受験に思いを馳せながらも、他学年は学校より1ヶ月早く進級。3月1日より新学年の授業がスタートしております。まっさらなテキストを配布し、名前を書かせて、諸注意を語り、気持ちを切り替えて、また新たな一年の出発です。


子供たちの笑顔を見るためにも、私たちはまだまだガンバリますよ!!

もっとみる

住之江公園校 2022年02月22日

入試結果

私立高校は全員合格でした。 


冒険とか挑戦とかの要素が比較的薄い私立受験だとはいえ、やはり「合格」の2文字は生徒の大きな自信になります。受験というシステムで自分の学力に可否をつけられるのは非常に苦しい経験ですが、その経験が今後の人生の大きな糧になるのも間違いありません。公立の小中と過ごしてきた生徒ならば、生まれて初めての「自分の学力だけを頼りにした」勝負なのですから、感慨は深いでしょう。また、私立専願者ならば、これでいったん受験生の立場から抜け出せるという喜びは計り知れないほど大きいと思います。 


でも、ホッとする気持ちを引き締めて次に向かうのも大事です。お祭り気分に流されず、公立入試、あるいは大学入試等の次のステップを見据えて、きちんと自分の心をコントロールしていきましょう。 


私たち講師も精いっぱい応援しますから。

もっとみる

住之江公園校 2022年02月10日

私立高校入試

今日2月10日(木)は大阪府の私立高校入試日です。例年、専願にせよ併願にせよ私立高校を受験しない生徒はいません。だから今日は中3生全員の入試日です。幸いなことに新型コロナ感染の受験生もおらず、今頃はみんな真剣にテストに向かい合っていることでしょう。


どれだけやきもきしても祈ることしかできないのが私たち講師ですが、次の授業時には「よく頑張ってきたね」と精一杯のねぎらいの言葉を用意しておこうと思います。


がんばれ、みんな!

もっとみる

住之江公園校 2022年01月26日

祝合格

前回ここで触れさせて頂いた中学受験生は無事に進路が決まりました。ホントによかった。ホッと一息です。とはいえ、ここから1ヶ月半はまだまだ受験が続きます。私立高校入試、公立特別入試、公立一般入試。そしてその合間に中1・中2や高校生の学年末テストがやってきます。みんなが笑顔で新しい年度を迎えられるよう、講師一同精一杯バックアップしたいと思っています。


 

もっとみる

トップへ戻る