News ニュース

忍者の秘密特訓

2019.11.14.

イング中学受験コースTOPSのHPへのご訪問ありがとうございます。



突然ですが、みなさんは「忍者」を知っていますか?
漫画・アニメ・ゲームなどでは屋根の高さまでジャンプできたり、忍術という不思議な術を使えたり
手裏剣の達人だったり、様々な特殊能力を持った人たちとして描かれています。
しかし、実際の主な任務は敵と戦うことではなく、「情報を得る」ことでした。


つまり、忍者とは戦国時代から江戸時代にかけて活躍した「スパイ」だったのです。


忍者たちは「スパイ」として活躍するために、日々の身体訓練を怠らなかったといいます。
その中に「麻の苗木を毎朝飛び越える」という訓練があります。
麻は成長が早い植物で3ヶ月から4ヶ月で3mほどに成長するそうです。
すなわち、1日で3cm成長していることになります。
忍者たちはこの麻を地面に植え、その上をジャンプしたそうです。
来る日も来る日も毎日、高くなっていく麻の上をジャンプします。
麻は1日3cmずつ成長していくので、1日目は3cm、2日目は6cm、3日目は9cm・・・と毎日、麻を飛び越えるだけでジャンプ力が1日3cmずつ上がっていき、1週間で21cm、
1ヶ月(30日)で90cm、3ヶ月~4ヶ月で3mもジャンプできるようになっています。


忍者が本当に3mもジャンプできたかどうかわかりませんが、毎日少しずつの努力は必ず身になっているはずです。
「毎日努力を続けること」は、勉強でも大切なことです。



『継続は力なり』



よく耳にする言葉ですが、毎日続けるには無理をせずに出来ているという習慣を身につけることが大切です。
例えば、漢字の練習に忍者の秘密特訓を応用してみましょう。
1日に3語の漢字を覚えることは、それほど難しいことではないです。
毎日続けると1週間で21語、1ヶ月で90語も覚えることができ、1年でなんと1095語も覚えることができます。
算数の計算問題の数や、英単語や理科・社会の暗記にも、忍者の特訓は応用できます。



みなさんも忍者のような秘密特訓でライバルに差をつけましょう。