News ニュース

中学受験への意識(小学4年生編)

2020.03.04.

イング中学受験コースTOPSのHPへのご訪問ありがとうございます。


 


イング中学受験コースTOPS受講生の保護者の方へ、『中学受験を意識しだしたのはいつですか?』と質問をしたところ、『小学4年生です。』と答えています。
子どもたちは『中学受験をしてどんな学校に行きたいのか。』『なぜ中学受験をしたいのか。』など中学受験をする目的や動機を考え始めるのが小学4年生です。
そこで、TOPSでは、【学習習慣の確立とサポート】を1番大切にしたいと考えています。


「〇曜日に△の宿題をする。」「〇日にテストがあるので◇日から勉強を始める。」を子どもと一緒に考える時間を作っています。
小学4年生は【授業を聞く→授業内容の復習→宿題を行う→小テストの勉強をする】という基本的なリズムを確立できるようになることが今後の受験勉強で羽ばたける大きなポイントになります。
受験は自分を伸ばせる大きな手段の1つです。
子どもたちが今後の人生で理解しておいてほしいこと、意識してもらいたいことを3年間の授業を通して伝えていきたいと考えています。
もちろん受験に必要な知識を無理なく習得させ、小学5年生への貯金を作っていただける授業を展開しています。



【中学受験をすることは子どもの将来の可能性を広げること】と思ってイングでは中学受験の指導を行っています。


 


イング高石校 中学受験TOPS 殿村友理