Corporate History 会社沿革

昭和53年 昭和44年創立の堺英会話センターを母体として、ILI英語学院を設立。
昭和47年創立の西日本英語学院を母体として、西日本教育アカデミーを設立。
昭和59年 ILI英語学院、河内長野に自社ビル「アイリービル」を建設。
昭和60年 ILI学院、西日本教育アカデミー、IBM最新型コンピューター導入。
昭和62年 ILI学院と西日本教育アカデミーを合併しイング教育アカデミーを新たに設立。
高校生部門をイング予備校として開設。
平成元年 イング教育アカデミー創立20周年を迎える。20周年記念イベントとしてイング祭を開催。
読売新聞「光と愛の事業団」にチャリティー募金の寄付を開始。
イング教育アカデミー20周年記念行事の一環として、海外社員旅行(シンガポール)実施。
平成2年 イング教育アカデミー、本社を大阪市難波に移転。
幼児教育部門をイングこども英才スクールとして開設。
第一回イングチャリティーゴルフコンペ開催。読売新聞「光と愛の事業団」への寄付とともに、チャリティー基金を設立。以後、毎年開催。
平成3年 イング教育アカデミー、関連会社を統合して「イング」に商号変更、事業部体制を実施。
個別指導部門として、イング個別指導教室を開設。
社員保養施設として鳥羽にリゾートホテルの一室を購入。
平成4年 中学受験部門としてTOPSを開設。従業員持株会発足。
平成5年 イングと大阪経理学院が合併、新生イングとして、日本一の生涯教育機関を目指す。
平成6年 幼稚園児を対象にイングこども教室を開講。
イング創立25周年記念行事として海外社員旅行(ハワイ)実施。
平成11年 外国人講師が直接指導する児童英語教育「イングこども英語スクール ジョイワールド」を開設。
平成12年 イング大阪経理学院を「イング・ライセンスアカデミー」に改称。
平成13年 イング出張パソコンサービスを開設。
平成14年 人材派遣・人材紹介の「イング・スタッフサービス」を開設。
平成16年 学校、大学、企業等へ教育サービス(法人事業)を拡充。
平成18年 堺市諏訪森に自社ビル(浜寺校)を建設。
平成19年 TOEIC®対策講座を開設。
平成21年 大阪駅前第4ビルを区分所有。
平成22年 「河合塾マナビス」(映像授業)を開設。
平成25年 学研グループと業務資本提携。
平成26年 ICT教育の一環として、玉井式国語的算数・図形の極などを開講。
平成29年 新個別指導塾「G-PAPILS(2校)」「個別指導塾ラシク(7校)」開設。
トップへ戻る